FC2ブログ
2020 / 05
≪ 2020 / 04   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -  2020 / 06 ≫

湿っぽい話題で済みません。。。。。

babyたちのお世話やご見学対応、
我が家の病気のチ~達のお世話でクタクタで、
パソコンの画面の光すら目に突き刺さる様で、
ちょっとやる気スイッチがOFFでした。。。。。

バタバタした日々で見落としていた子の病気が発症。
なんとか無事手術が成功して快方に向かっています。

あと、生まれつき弱かった子がいて、
本来なら成犬になる位の子なんですが、
ゆっくりゆっくり育っていました。
本来なら育たない子なんでしょうが、
私もムキになって育てていました。

でも、ついにその子は力尽きてしまいました。

最後の時もチアノーゼが起きつつも蘇生しようとしたのですが、
私の心の中に誰かが言いました。
「もうこれ以上頑張らせて苦しめるのはよしなさいよ。」。。。と。

以前母が病院で亡くなる時、
病室の私たちはまだまだ頑張ってくれると思っていました。
でも、管理室のモニターで最期を察知した医師たちが入って来て、
脈をとり、「危篤状態です。」と。
その時も最後まで手を引っ張って呼びとめてしまって、
周りの親族に、
「恵理ちゃん、もう、苦しませたらダメだよ。」と。

1_20150505232120dd9.jpg

昨夜息を引き取ったジョシュア。。。。。

亡くなるその時も可愛いクリクリのお目々を見開いて。

苦しかったね、ごめんね。。。

2_201505052321212ce.jpg

今日は私一人だったので、独りで葬儀に行きました。

納骨するのは4匹目。。。

今14歳の子の為に最初に決めたお墓でしたが、
彼女は脳をやられていて目も見えず耳も聞こえず、
くるくる回って痴呆状態で鳴いていますが、
食欲は旺盛で運動量も凄く、とても元気なんです。
先にお墓に入るのは皆彼女より若い子。
運命なんですね。


募集中のbabyたちはおかげさまで良縁に恵まれ決まっていき。
売買契約書の説明時にお願いする事はただ一点、
「終生飼養」です。

管理の点で、残したい子も極力オーナー様を募集しています。
ご縁が有る子の将来を縛りつけず
ペットとして大切にして貰いたいから。
業者さんから問い合わせの時に、
1歳から3歳でブリードして、
後は第2の犬生を送って貰うと聞きます。
そのような方はうちの子に問い合わせしないで下さいね。
私も数匹過去に出した子はいますが、
実体験として子犬の譲渡より遥かに難しいのです。
もちろんペットとして可愛がっていただいていますが、
連絡の途絶える子もいます。
なので託せる方はおのずと狭まり、
条件も厳しく労力も多くなります。

大切にして頂いているオーナー様の子達は
まだまだ若く、無縁の話ですが、
万が一その子が犬生に幕を下ろす時が来ましたら、
うちの墓所に入りたいときはご相談下さい。
可能な限り対応致します。
ただし条件が有りますよ。
半年。。。せめて年一回はお参りしてお掃除してあげて下さいね。
まだまだうんと先のお話ですが。。。。。



人気ブログランキングへ  ブログランキングに参加しております  ポチっとお願いします

もひとつ ついでに
ぽちりんこ


スポンサーサイト