FC2ブログ
2020 / 08
≪ 2020 / 07   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2020 / 09 ≫

悩みましたが日記にしました。。。

2月にお迎えされたアレハンドロこと「ヤマトくん」。

2012.2.20  (月)-2

この後僅か1カ月後、彼の姿を見つけた場所は・・・

000360047[1]

オーナーの自治体の保健所でした。。。

ノーリードで逃がしたそうです。。。
それならすぐに保健所と警察に届けて下さい 

何か虫の知らせが有った私の目に保健所の収容犬情報が。。。
自分の作った子です。 見た瞬間分かりました。

ボランティア団体のブログにも記載されていました。

見つけたのが公示期限を1日過ぎていたので、
もう殺処分されているのかと。。。
息子もショックで泣きました。

でもボランティア団体に引き取られている事が分かりました。
居てもたっても居られず夜中の2時に出発。
土日明けの現地の収容施設に朝一たどり着き詳細を伝え。。。

でも私がブリーダーなので、なんと疑われてしまいました。
愛護法違反の被害届けを出しに自治体の警察に向かいました。
警察官が愛護団体の方に事情を説明して下さいました。

7_20120405214555.jpg

そしてようやく私に返されたアレハンドロ。。。

無事に奪還出来たので胸の内に秘めようと思ったのですが、
うちに帰ったあの子の目に溢れた涙を見てお願いしたくて日記に書きます。

うちの子達はオーナー様に愛されて、
お譲りした後もレターを頂いたり幸せにして貰っています。
当然ご家族の一員として愛して頂いてます。

ですのでお願い致します。
どうしても飼えなくなった場合はご一報ください。
最善の方法を一緒に考えさせて頂きます。

451.jpg
452.jpg

うちに戻ったあの子のこの表情、見てあげて下さい。
物では無いのです  殺処分されそうになったと言うのに。。。

保健所でのあの耳を垂れた媚びた顔とはかけ離れた生き生きとした顔。
この子は生きているんですよ。犬は物では無いのです。

今回は警察署と2つの愛護団体に助けて頂きました。
この場を借りてお礼申し上げます。

453.jpg
455.jpg

ママと再開して甘えているあの子。。。

本当に危なかった。。。




人気ブログランキングへ  ブログランキングに参加しております  ポチっとお願いします

もひとつ ついでに
ぽちりんこ



スポンサーサイト