宇宙人?

ベタbaby

5_20161129075937890.jpg
お腹ポンポコにブライン食べています 

6_2016112907593910b.jpg
。。。しかし。。。おさかなbabyって本当に宇宙人顔 
チワワの俗に言う「宇宙人顔」などの比では無い。

7_20161129075952816.jpg
胃の上にある空気の塊りは?
これは浮き袋なんでしょうか?
どの子にもあるしね。
なら、順調に浮き袋が発達していて
俗に言う「ベリスラ」と言う浮き袋障害は無いんでしょうね 

3_20161129075936e20.jpg
中にはブラインの殻まで食べている食いしん坊も。。。。。
周囲の白い点はインフゾリア(ゾウリムシ)
食べ物の宝庫です 
稚魚は常に泳ぎながら口パクをしています。
そうやってひたすら泳ぎながら
偶然に口に入る微生物が命綱なんでしょうね。

1_20161129075933ff2.jpg
魚のブリードで楽しいところは
内臓の発育がスケルトンで見える所です。
この子は徐々に体表の色素が上がって来ています。
色を決定づける皮膚の層は5層から成るそうで、
ベタのあのカラフルな色味は
その各層の色味の組み合わせの様です。
環境の変化で体の色が一瞬で凄く変わるのもそのせいでしょうね。
タコやイカみたい。。。。。
独学なので勝手に考えているのですが、
どんな色に仕上げるかは親のカラーから
その5層のカラーを想像して組み合わせを考えて作れるのかなと。
なかなか奥が深いでしょ?いや、深すぎで底なし沼です。

ちなみにベタは生まれたばかりは雄雌の性差が無く、
成長段階で性別が分化していくそうです。
何が雌雄の差を決定するのでしょうか?

普通の生き物は、
父と母から1組ずつ貰った2組の染色体を持っていますが、
魚は受精卵をぬるま湯につけるとそこで変化がおき、
もう1組、つまり3組の染色体をもった
「3倍体」の個体が生まれるそうです。
牡蠣や養殖魚に使われている技術で
3倍体のものは体が大きく身が柔らかくて美味しいそうです。
ただし♀は不妊で一代限りの繁殖になります。

現在「ジャンボ」と呼ばれる種類のベタがいますが、
出始めはこれは「3倍体」では?と疑う人も居たそうです。
でも♀も生まれているそうなので。。。と言う事ですが、
私は高額で売られているジャンボ種の♀ベタは買いません。
欲しくなったらジャンボ種♂×普通種♀から生まれた
大きい固体を更にブリードして。。。と思っていますが
そんなことまでやっているヒマが無いのでやりません 

現在生後3週間の稚魚が、
何となく雄かな~?って子が出始めました。
。。。と言う事は、
性差は生後半月ほどの間に決定されると言う事でしょうか。
どなたか研究して下さい。
性差のコントロールが可能ならやってみたいですね。

2_20161129075934581.jpg
心臓の動きもしっかり見えます。
心拍数だってわかっちゃうんですからね 

大きく写っていますがこの子で体長は5mm程度。
セリアで売っている100円のマクロレンズ、恐るべし 
この子は胸鰭がうちわの様に大きいので、
きっとパパは、
プラチナホワイト・ダンボのフォンシュタイン君の様です 
ママは黒鯉のごまめちゃん。
黒鯉ダンボのハーフムーン狙いです。(生まれる訳ないか)


うちのイケメンパパさん達 

セガール
セガールくん 
ジャンボ種 オレンジタイガープラカット
私にベタ慣れの甘えん坊 

カスタード
カスタードくん 
ジャンボ種 黄鯉ハーフムーン
ジャンボなのに超童顔の希少なイエロー鯉。

ミラクル
ミラクルくん 
柄の配色が奇跡的に美しい子です。

ベタは闘魚なので繁殖時には♀はボロボロにされ、
ヘタすれば殺されてしまう子もいるんですが、
このイケメンパパさん達は非常にジェントル 
♀に向かって威嚇して突進しても寸止めして
オデコにチュッ 。。。と。
なかには水槽の底で仲良く並んで
ヒレ枕してお昼寝している事も。。。。。
お産後も♀は傷も無く綺麗なまんまなのです 


人気ブログランキングへ  ブログランキングに参加しております  ポチっとお願いします

もひとつ ついでに
ぽちりんこ

スポンサーサイト
プロフィール
lempicka.jpg
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
鳩時計
小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

バルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)

マウスで移動・つぶやき拡大します